血管攣縮(れんしゅく)を予防するEPAのはたらきとは

血管が突然けいれんを起こし異常に収縮する現象である「血管攣縮(けっかんれんしゅく)」。2003年にそのメカニズムが解明されたと発表されてから、血管攣縮を抑制する方法について研究が進みました。血管の異常収縮が抑制されれば、狭心症やくも膜下出血後の予後を悪化させずにすみ、突然死の予防につながる可能性が示唆されたからです。

血管の異常収縮を予防する方法のひとつとして、その可能性に注目が集まっているのはみなさんご存知の「EPA」。でも、サプリに配合されている通常のEPAでは効果がないといわれています。それはいったい、どうしてなのでしょう。

心筋梗塞の前兆を感じることがあるかた、予防や狭心症などの再発を気にかけているかたにはぜひ、知っていただきたい情報です。

特定のEPAのみに認められた
血管攣縮の抑制効果

血管攣縮の研究に携わってきた山口大学医学部の小林誠教授と医学部の学生で構成されたチームは、生魚のEPAに血管攣縮を抑制する作用を発見後、さまざまなEPA(原料)を取り寄せ、試験を繰り返しました。ところが、ありとあらゆるEPAでテストしても、生魚のEPAと同様の効果を発揮するEPAはありませんでした。

そこで小林教授はEPAの分子構造に着目し、生魚のEPAと原料のEPAを徹底的に比較。その結果精製されたEPAと生魚のEPAには構造的な違いがあることがわかったのです。

小林教授が研究したEPAについてGoogleで調べてみる>>

通常のEPA原料とは異なる構造を持つ
「小林式EPA」の誕生

通常の抽出方法では加熱処理をしてEPAを抽出するしか手段がなかったため、低温のままEPAを抽出し生魚のEPAと同じ構造を維持する方法はないか、小林教授の研究チームと製薬会社の産学協同で開発が進められました。そしてついに製薬会社がシス体EPAの立体構造を壊さずに抽出精製する方法を発明、小林教授のチームはこのEPAをそのまま摂取できるような食品の開発に着手しました。

長年試行錯誤を繰り返し、EPAの分子構造を崩さずに体内への吸収を高める成分を配合するなどして製品化に成功。一般的な製法によるふつうのEPAと差別化するため、現在では「小林式EPA」と呼ばれています。この「小林式EPA」の誕生と同時に、「小林式EPA」を配合した唯一のサプリメントが世に送り出されました。その独自性が認められ、食品組成物(サプリ)として特許も取得。市場に出回っている一般のEPAサプリには、この「小林式EPA」が配合された製品は存在しません。「小林式EPA」が配合されたサプリメントには以下のような特許があり、血管病予防に役立つ食品として各方面から注目されています。

  • 特許を2つ取得している
  • 「血管病予防に効果を有する食品組成物」として特許を取得
  • 特許庁のHPに、エパゴールドは血管病を予防する旨の記載あり
  • 2006年 国立大学法人山口大学大学院医学系研究科の小林誠教授との血管病予防食品共同研究事業が、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成金交付対象事業に採択される。健康食品の研究が採択されるのは非常にまれである
  • 2008年 中小企業庁より産学官連携事業における成功事例として表彰
  • 2013年 公益社団法人発明協会 発明協会会長奨励賞を受賞

生魚のEPAの構造体を維持したまま摂取できるEPAが開発され、産学協同開発の成果が身を結んで消費者の手元に製品が届けられることになりました。心筋梗塞や狭心症などによる突然死の原因である血管攣縮を抑制し、心筋梗塞や狭心症、心室細動などの再発予防に役立つ可能性のある製品に注目が集まっています。

「血管病による突然死をなくしたいという情熱と同じ志をもった教室メンバー全員の血のにじむような努力の積み重ねの結果です。病気になった“後”でないと服用できない医薬品と異なり、食品であれば病気になる“前”から摂取できます。血管異常収縮の特効薬成分を含む食品により、血管病の真の予防が可能となることをきたいしています」

とのちに『山大病院だより』(山口大学医学部付属病院発行)に小林教授はコメントを寄せていらっしゃいますが、「小林式EPA」により救われる可能性を最大化するため、サプリメントとして摂取したあとの吸収率を上げるための研究も進められました。

より吸収率を向上させるための研究でさらなる特許も取得

どんなにカラダにいい成分でも、体内にしっかり吸収されなければ意味がありません。人体に入った栄養素は、まず肝臓に運ばれます。肝臓で栄養素の代謝(合成や分解といったエネルギー変換)が行なわれたあと、腸へ流れて、栄養素は体内に吸収されていきます。そのため、肝機能が低下していると、そもそものエネルギー変換がうまくいっていないため、腸での吸収率も悪くなってしまうのです。肝臓は年齢、そしてアルコールの過剰摂取、添加物が多く含まれた食品(市販の弁当やパン、インスタント食品など)を摂り続けることで負担が増え、機能が低下していきます。

そこでEPAの消化吸収を高めるために肝臓から排出される胆汁酸の分泌を促進させるといわれる成分を配合したほか、さらに血管攣縮を抑制できる成分について研究を進め、2012年に「血管病予防に効果を有する食品組成物」の特許も取得しています。これらの開発成果を元に、マリアアザミエキス末や西洋タンポポエキス末、カキ肉エキス末より血管病予防や抑制につながる製品を販売しているのだそうです。このサプリメントの開発経緯などについては、下記のサイトにくわしく出ていますので、そちらもチェックしてみてください。

小林式EPA配合のサプリとはどのようなもの?>>

血管と血液の健康に貢献するオメガ3脂肪酸

ここで改めてEPAやDHAについて少し説明したいと思います。みなさんもきっと「オメガ3脂肪酸」という言葉はどこかで聞いたことがあるはずですが、このオメガ3脂肪酸の代表格はEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)で、細胞膜や生理活性物質の元となることがわかっています。

ちなみに生理活性物質とは、ほんの少しの量で人間の生理に作用してカラダの働きを調整する物質のこと。ビタミン、ミネラル、ホルモン、酵素、神経伝達物質、核酸、サイトカインなどが生理活性物質です。これらの生理活性物質なくして、人間が生きていくことはできません。

ここでスポットをあてるオメガ3脂肪酸のなかでも、EPAは脂質異常症(高脂血症)の治療薬として使用されている成分で、アメリカ心臓協会(AHA)やアメリカ心臓学会(ACC)ではオメガ3脂肪酸(n-3系不飽和脂肪酸)に富む食品を摂るように勧告まで出しています。以下にEPAのエビデンスとして認められているものを挙げておきましょう。

  • 血栓ができるのを防ぐ
  • 動脈硬化を予防する
  • 中性脂肪を減らす
  • 善玉コレステロールを増やす
  • 血圧降下作用がある

このほかにも、喘息、アルツハイマー、リウマチなどさまざまな疾病への作用機序について取りざたされていますが、現時点で科学的根拠があるものは、血液の質を改善して血管の老化を防ぐ役割を果たす、という点。生活習慣病のリスクが高まる中年以降の人には、このオメガ3脂肪酸は予防のためにも生活の質を改善するためにも、意識的に摂取すべき成分であることは間違いありません。

天然の食材などに含まれている多価不飽和脂肪酸の中でも、オメガ3脂肪酸に心血管保護作用がある理由の一つとして考えられているのが、抗炎症作用です。オメガ3脂肪酸が体内で代謝される際に抗炎症性の代謝物が作られ、ここまでご紹介してきたような体に良い作用をもたらすことが最近の細胞・分子レベルでの研究で明らかになってきました。

ω 3 脂肪酸の抗炎症作用について、それぞれの細胞や臓器に固有の代謝経路、および活性代謝物の関与が示唆されている。EPA 代謝物のメタボローム解析の結果、ω 3 位の二重結合が修飾を受けた代謝物(18-HEPE や 17, 18-EpETE)を起点とした代謝系の存在が明らかになってきた。〜中略〜いわばω 3 脂肪酸に特有の代謝経路であり、他の脂肪酸には見られないω 3 脂肪酸に固有の機能(抗炎症作用など)に関わっている可能性が考えられる。

出典:(PDF) 「ω3脂肪酸の代謝と抗炎症作用に関する研究」脂質栄養学,26(1),2017 [PDF]

今までオメガ3脂肪酸はそのメカニズムはわからないけれど、血管や心臓の健康を守る栄養素として知られてきました。近年の研究で新たにオメガ3脂肪酸を代謝する際に炎症制御物質が作られたり、炎症を抑制する作用が体内で働いたりすることがわかってきました。今後は、オメガ3脂肪酸の持つこうした作用のメカニズムを活用し、新たな治療法や未病予防の方法が確立されていくのかもしれません。

オメガ3脂肪酸は体内で合成できない必須脂肪酸

ここで少し脂肪酸について説明しておきたいと思います。脂肪酸とは脂肪を構成する物質のことで、その分子構造により大きく飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の3つに分類されています。厚労省の食事摂取基準によれば、この3種類の脂肪酸を「3:4:3」というバランスで摂取することを推奨しています。

まず飽和脂肪酸は肉などの動物性脂肪や乳製品、ココナッツ油などに含まれる脂肪酸で、過剰摂取は動脈硬化の原因になるとされています。ただし体内でコレステロールを生成するためには必要な脂肪酸です。

一価不飽和脂肪酸はオレイン酸に代表され、オリーブ油やナッツ類、アボカドなどに含まれます。カラダのさびともいわれる過酸化脂質を体内で作りにくくして、腸内環境を整える役割を持っています。飽和脂肪酸と一価脂肪酸(n-9系)は体内で合成して作ることができる脂肪酸です。

そしていっぽう、多価不飽和脂肪酸にはn-3系とn-6系という2つのグループがあります。まずn-3系、別名オメガ3脂肪酸。EPA、DHA、α-リノレン酸などがこのグループです。EPAやDHAはぶり、さば、ハマチなどの青魚に多く含まれます。またn-6系はリノール酸が代表格で紅花油やごま油に含まれています。

オメガ3脂肪酸は、体内で作れないことから、私たちは食事やサプリメントから日々摂取するほか、体内でオメガ3脂肪酸に活躍してもらう方法はありません。

ω-脂肪酸 α-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA),ドコサヘキサエン酸(DHA)に代表されるω6位とω3位に2重結合を有する不飽和脂肪酸で,ヒトでは生合成によっては産生されないため,食餌によって補充する必要がある必須脂肪酸である.ヒトを含む動物は,ステアリン酸からオレイン酸を生成するΔ9-脂肪酸デサチュラーゼを有してはいるものの,ω6位に二重結合を作るΔ12-脂肪酸デサチュラーゼも,ω3位に二重結合を作るΔ15-脂肪酸デサチュラーゼもどちらも有していないので,リノール酸もα-リノレン酸もどちらも自ら合成することができない.

出典:(PDF) 「FYI(用語解説)ω-3脂肪酸」ファルマシア,50(9),2014 [PDF]

オメガ3脂肪酸を含むEPAやDHAは食事やサプリメントからしか摂取することができません。ちなみに、これまでの研究によりオメガ3脂肪酸を心筋保護目的で摂取する場合、心筋保護効果はDHAよりもEPAのほうが高いことが明らかになっています。

EPA単独投与とDHA単独投与を検討したところ,この心筋保護効果は[EPA>DHA]であった.以上の結果は,すでに狭心症や心筋梗塞の既往のあるリスクの高い患者に対してω3脂肪酸(魚油,EPA,DHA)を投与することにより,急性心筋梗塞発症予防効果のみならず,万が一心筋梗塞を発症しても心筋保護効果という面からω3脂肪酸が有用である可能性を示している

出典:(PDF) 『「DHA(Ω3)」シンポジウム』脂質栄養学,2(2),1993 [PDF]

米国の心臓学会でも摂取が推奨されるオメガ3脂肪酸

この多価不飽和脂肪酸のグループだけは体内で合成することができないため、食事から摂取しないと不足してしまいます。ですからアメリカの心臓学会などが不足しがちなオメガ3脂肪酸の摂取を促しているほど。ところがこのオメガ3脂肪酸のEPAやDHAはすぐに酸化してしまったり、加熱によって構造が変化してしまったりするため、期待するような効果や作用が得られないという欠点もあるのです。

魚は時間が経つとすぐに臭いますが、この臭いの原因には魚の脂質が酸化してしまうことも含まれます。どんなにカラダにいい成分であっても、酸化などにより劣化しないものを選ぶことが大切ですが、毎日新鮮な青魚の刺身を食べ続けることはなかなか難しいかもしれません。

青魚に多く含まれるEPAについては下記のページでも触れていますので、ぜひそちらもご覧ください。

EPAが豊富な魚を食べるとなぜ心筋梗塞のリスクが下がる?>>

アメリカ心臓学会ではオメガ3脂肪酸を摂取するために適した魚には「サーモン、ニシン、サバ、マス、イワシ、マグロ」などがある「としています。これらの魚を少なくとも週に2回、食事から摂取することが推奨されています。

また、食事からだけではオメガ3脂肪酸が十分に得られない可能性のある冠動脈疾患の既往歴を持つ患者さんなどに関しては、医師と相談しながらオメガ3脂肪酸のサプリメントを服用することも推奨されています。[1]

[1]

出典: 「Fish and Omega-3 Fatty Acids」Amrican Heart Association公式サイト

また、アメリカ心臓学会の公式ウェブサイトでは、心臓発作後に心臓の機能を回復させる際にもオメガ3脂肪酸が貢献している可能性があることが最近の研究により明らかになったと報告しています。研究では、オメガ3脂肪酸を1日4g、6か月間服用した心臓発作後の患者の経過は、心筋の回復度合いが服用しなかった患者さんよりも高かったことがわかっています。これは、オメガ3脂肪酸の摂取量と心臓発作患者の生存率の関係を調べた統計学的調査の結果です。そのため、詳しいメカニズムはまだ明らかになっていませんが、少なくともオメガ3脂肪酸が心臓の回復を助けてくれる可能性が大いにあることを示唆していると言えます。[2]

[2]

出典: 「Omega-3 fatty acids from fish oil may help healing after heart attack」Amrican Heart Association公式サイト

【この記事を読んでいる人におすすめのコンテンツ】

[特集]心筋梗塞のリスクを高める血管攣縮(れんしゅく)とはどういう症状か>>

狭心症の原因となる血管攣縮が欧米人の3倍も多い理由とは?>>