心筋梗塞や血管病と深く関わる生活習慣病

生活習慣病について、何となく知っていても本当の怖さを認識していない方は、注意が必要。もしかしたら、気付かないうちに症状が進んでいるかもしれません。

「毎年、健康診断で高血圧だの糖尿病だのと言われるけど…。特に不自由はないし、検査に行っている時間もないから」と、放置していませんか?

生活習慣病は心筋梗塞や血管病など、一度の発作で生命を奪いかねない、恐ろしい疾病の直接的な原因となるので、早めの対策が必要です。

心筋梗塞・血管病のリスクを高める生活習慣病

ここでは、心筋梗塞や血管病につながる生活習慣病の原因や予防方法などを、詳しく紹介していきます。

高血圧

高血圧は、特に興奮したり運動しているわけでもないのに、血圧が常に正常値より高い状態を指します。自覚症状がほとんどなく、いつの間にか病状が進行していきます。高血圧の状態が長期間続くと、血管内に血栓が発生しやすくなり、正常な血流を阻害しやすくなっていきます。異変に気づかないままでいると、いきなり心筋梗塞を発症することにもなりかねません。

高血圧は薬を飲むことでも治療できますが、日常生活の意識を少し変えるだけでも、血圧値の下降という、確かな効果を実感できるようになります。健康診断を尊重し、医師の指導を仰ぐことで状況を改善できるのです。「自覚症状がないから、まだ大丈夫」と慢心せず、高血圧の予防策に取り組んでいきましょう。

高血圧を詳しく知りたい方はコチラ>>

脂質異常症

脂質異常は、心筋梗塞の危険因子であり、食べ過ぎや、過剰な飲酒による肥満 、運動不足で発症します。血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が多すぎる、善玉コレステロールが少なすぎるという症状を指します。

放置しておくと、動脈硬化を進行させてしまうことになり、やがては心筋梗塞などの大病を発症することになってしまうのです。

健康診断で脂質異常と言われた方は、今すぐ対策に乗り出す必要があります。こちらも高血圧と同じく、日常生活の意識を少し変えるだけでも、血中値の下降という、確かな効果を実感できるようになります。健康診断を尊重し、医師の指導を仰ぐことで状況を改善できるのです。忠告を侮らず、予防策に取り組んでいきましょう。

脂質異常症を詳しく知りたい方はコチラ>>

不整脈

不整脈は、脈拍に異常をきたすこと。脈のリズムが早すぎるか遅すぎる、または不規則でも、不整脈と診断されます。

その原因は先天性の心疾患や甲状腺異常以外だけでなく、睡眠不足やストレスなど生活要因の中にも潜んでいます。若年層にとっても他人事ではない病気だと認識しましょう。また高血圧の症状を呈している人には、不整脈が併発しやすくなることもわかっています。

不整脈は血流を阻害しやすいため、心筋梗塞など生命を脅かす大病の遠因になることがわかっています。めまいや動悸、息切れや胸痛など自覚症状も現れやすくなっているので、異変に気づいたら早めに対策へ乗り出す必要があるでしょう。

このページでは、今日から始められる不整脈の予防法も紹介していますので、注目してください。

不整脈を詳しく知りたい方はコチラ>>

狭心症

狭心症は、心臓に酸素や血液を送る血管として重要な冠動脈が、狭くなることで発症する病気です。その原因は動脈硬化であることが多いので、高血圧や脂質異常などを放置した結果、病状が進んだ状態と言えるかもしれません。

胸部の強い痛みや、激しいめまいなどの自覚症状が現れますので、異変に気付いたらすぐ病院へ。狭心症は心筋梗塞の初期症状でもあるので、その症状と予防法を理解しておくことは、大病の回避につながります。狭心症は誰にでも起こりうる病気ですが、素早い検査や日常生活の改善で、進行を防ぐことができるのです。

高血圧や脂質異常と診断された方は、狭心症の予防策についても、知識を深めておきましょう。

狭心症を詳しく知りたい方はコチラ>>

糖尿病

代表的な成人病のひとつである、糖尿病。血中内のインスリンが足りないためにブドウ糖が有効活用されず、血中に滞留した結果として発症します。インスリンは臓器に糖を取り込み、血糖を下げる働きをするホルモン。不足すると、血糖値が高いままになってしまうのです。

心筋梗塞を防ぐには、糖尿病の治療や予防も非常に重要。心筋梗塞患者の3分の1が糖尿病を発症しているというデータがあるからです。

生活習慣病に分類される2型糖尿病は、自覚症状がないまま進行するため、悪化するまで気がつかないこともあります。病状が進行すると、心筋梗塞をはじめとした合併症が発生し、取り返しのつかない事態を招きかねません。

このページでは、なぜインスリンが不足するのかという素朴な疑問への回答から、糖尿病の予防策までを紹介していますので、ぜひご一読ください。

糖尿病を詳しく知りたい方はコチラ>>

肥満症

欧米型の食生活が日本の隅々にまで浸透した結果、中高年だけでなく若年層の間にも肥満が蔓延しています。肥満は、さまざまな病気の原因となります。

肥満が引き起こす高脂血症は、中性脂肪やコレステロールを増やし、動脈硬化を招きます。また身体が肥満すればするほど心臓には大きな負担がかかるため、高血圧の症状を呈しやすくなります。その結果として、心筋梗塞などの大病を引き起こしてしまうのです。

肥満を防ぐことが、心筋梗塞や他の病気との合併症を防ぐカギといえるでしょう。見た目を気にするあまり、過度のダイエットに励むのは考え物ですが、健康的で美しいボディラインの維持に努めることが、大病を防ぐことに繋がるのでしたら、一石二鳥かもしれません。

このページでは、肥満の原因や、肥満が引き起こすさまざまな合併症、予防策についてまとめていきます。

肥満症を詳しく知りたい方はコチラ>>

脳卒中

脳卒中は、日本の死亡原因第3位になっている恐ろしい病気です。脳卒中は一命をとりとめても、さまざまな後遺症が残る可能性の高い病気なので、予防をするに越したことはありません。

脳卒中は脳内の血管が詰まったり、破れたりすることで発生します。ご存知の通り、脳は人間にとって非常な重要な器官。しかし脳自体に問題があるのではなく、発生した場所が悪かったというだけで、問題は血管にあります。高血圧や脂質異常を放置した結果として引き起こされる、最悪のケースのひとつかもしれません。

脳卒中の予兆は、頭痛やめまい、手足のしびれなど、比較的わかりやすいかたちで現れてきます。早期発見のためにも体からのサインを見逃さないよう、細心の注意が必要です。このページでは、脳卒中の原因や症状、そして予防策についてまとめています。重い後遺症で、自分だけでなく周囲の人も苦しめたくない、と考える人は、必読です。

脳卒中を詳しく知りたい方はコチラ>>

【生活習慣病がひとつでも当てはまるかた必見のコンテンツ】

[特集]心筋梗塞のリスクを高める血管攣縮(れんしゅく)とはどういう症状か>>

血管攣縮(れんしゅく)を予防するEPAのはたらきについて>>

狭心症の原因となる血管攣縮が欧米人の3倍も多い理由とは?>>