心筋梗塞や血管病と深く関わる生活習慣病

生活習慣病の怖さを認識していない方は要注意です!もしかしたら、あなたの知らないところで症状が進んでいるかもしれません。

毎年、健康診断で高血圧だの糖尿病だのと言われるけど、自覚症状がないから、健康だと思っていませんか?

このままでは、取り返しのつかない事態を招くかもしれませんよ!生活習慣病は、心筋梗塞や血管病にもつながる恐ろしい病なのです。

心筋梗塞・血管病のリスクを高める生活習慣病

ここでは、心筋梗塞や血管病につながる生活習慣病の原因や予防方法などを、詳しく紹介していきます。

高血圧

高血圧は自覚症状がほとんどなく、いつの間にか病状が進行していきます。異変に気づかないままでいると、いきなり心筋梗塞を発症することにもなりかねません。

「自覚症状がないから、まだ大丈夫」と慢心せず、高血圧の予防策に取り組んでいきましょう。

高血圧を詳しく知りたい方はコチラ>>

脂質異常症

脂質異常は、心筋梗塞の危険因子であり、食べ過ぎや、過剰な飲酒による肥満 、運動不足で発症します。

悪玉コレステロールや中性脂肪の値が高く、善玉コレステロール値が低い方は要注意!脂質異常を侮らず、生活を見直すことが重要です。

脂質異常症を詳しく知りたい方はコチラ>>

不整脈

不整脈は、症状を知っていれば初期の心筋梗塞に気づくことが可能です。先天性の心疾患や甲状腺異常以外だけでなく、睡眠不足やストレスなど、若い方にとっても他人事ではない病気だと認識しましょう。

こちらでは、今日から始められる不整脈の予防法も紹介しています。

不整脈を詳しく知りたい方はコチラ>>

狭心症

狭心症は、冠動脈内が狭くなることで発症する病気です。心筋梗塞の初期症状 でもあるので、狭心症の症状と予防法を理解しておくことは、心筋梗塞の回避につながります。

こちらでは、狭心症の原因や自覚症状、予防策についてまとめています。

狭心症を詳しく知りたい方はコチラ>>

糖尿病

心筋梗塞を防ぐには、糖尿病の治療や予防が非常に重要。生活習慣病に分類される2型糖尿病は、自覚症状がないまま進行するため、悪化するまで気がつかないことも。病状が進むと、心筋梗塞をはじめとした合併症を起こしやすいので、要注意です。

こちらでは、糖尿病の原因や症状、予防対策、さらに心筋梗塞との関係性についても解説しています。

糖尿病を詳しく知りたい方はコチラ>>

肥満症

肥満は、さまざまな病気の原因となります。心筋梗塞もその一つ。肥満が引き起こす高脂血症は、中性脂肪やコレステロールを増やし、動脈硬化を招きます。肥満を防ぐことが、心筋梗塞や他の病気との合併症を防ぐカギといえるでしょう。

こちらでは、肥満の原因や、肥満が引き起こすさまざまな合併症、予防策についてまとめています。

肥満症を詳しく知りたい方はコチラ>>

脳卒中

血管が詰まったり破れたりすることによって引き起こされる病気をまとめて「脳卒中」と呼びます。脳卒中は、日本の死亡原因第3位になっている恐ろしい病気です。脳卒中は一命をとりとめても、さまざまな後遺症が残る可能性の高い病気なので、予防をするに越したことはありません。

こちらでは、脳卒中に気づくためのサインや、脳卒中を未然に防ぐための方法について、余すところなく紹介しています。

脳卒中を詳しく知りたい方はコチラ>>