肥満症

心筋梗塞を引き起こす要因のひとつとして「肥満」が挙げられます。このページでは、肥満の原因と予防、心筋梗塞との関係性についてまとめています。

肥満が心筋梗塞・血管病のリスクを高める理由

肥満とは、体脂肪が過剰に溜まっている状態のことです。単に見た目が太っているだけでは、肥満とは呼びません。

肥満になると、全身に酸素やエネルギーを届けるために多くの血液が必要となるため、負荷に耐えられるよう、心臓が肥大化します。しかし、血管は大きくならないので、一度に送り出す血液の量を増やさなくてはならなくなります。この状態が、高血圧を招きます。高血圧が動脈硬化を進行させ、最終的に心筋梗塞などの大病を引き起こしてしまうことは、良く知られています。

また最も気になるのは、冠動脈疾患です。冠動脈という血管には、心臓に酸素や血液を送るという、重要な働きがあります。肥満体型の人の血液には、悪玉コレステロールや中性脂肪が過剰に存在している可能性が高く、冠動脈を含む血管を、徐々に硬化させていきます。

また内臓脂肪型肥満が動脈硬化を発症させる理由のひとつとして、脂肪細胞から分泌される「アディポサイトカイン」という物質に注目しなければなりません。こちらは体内の脂肪細胞が適量だと正常に分泌され、糖尿病や動脈硬化を防いでくれます。しかし内臓脂肪が蓄積されると分泌が低下してしまうのです。

肥大した心臓に対し、ただでさえ細い冠動脈がさらに詰まってしまうと…、想像しただけでも怖いですね。これらの悪循環が、心筋梗塞など生命を脅かす大病を引き起こしてしまうのです

心筋梗塞を詳しく知りたい方はコチラ>>

肥満の基準とは

ではどの程度太ると、肥満体型ということになるのでしょうか?その目安に役立つのはBMI(体格指数)です。 身長160cm、体重60Kgの人が指数を計算する場合は、60÷(1.6×1.6)とします。

【BMIが示す肥満の定義】

  • BMI25以上…肥満
  • BMI35以上…高度肥満
  • 内臓脂肪蓄積の指標…男性ウエスト85cm以上、女性ウエスト75cm以上

計算後、高度肥満という結果が出た人は、病院での早めの診療を検討すべきです。

肥満になってしまう原因

暴飲暴食

肥満の原因は、暴飲暴食によるカロリーオーバーです。

動物性タンパク質やスイーツ、アルコール類などを大量に摂取した場合、一度の食事によって摂取するカロリーが消費カロリーよりも上回ります。上回ったカロリーは脂肪へと変換し体内に蓄積されます。消費しきらないまま再度カロリーを摂取すると、どんどん体内に溜まっていき、肥満になるのです。

基礎代謝の低下

基礎代謝とは、生命活動を維持する活動時に消費されるエネルギーのこと。人が何か運動をしなくても、呼吸をしたり心臓を動かしたりすることもエネルギーを費やします。

基礎代謝が低下すると、消費エネルギーが少なくなり、カロリーをあまり必要としなくなります。そうなると、普段の食生活のままでは、必要以上のカロリーがどんどん蓄積されるのです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによって、肥満になってしまうことがあります。

現在では、ストレス不規則な生活睡眠不足といった、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

ホルモンバランスが乱れると、代謝能力を著しく下げ、消費できるカロリー量が減ってしまうことも。消費できないカロリーは、体に脂肪として溜まってしまい、肥満になるのです。ホルモンバランスによる影響は、肌の調子にも影響します。

 

肥満になると、良いことは1つもありません。高脂血症高血圧糖尿病のリスクを高め、動脈硬化を進行させます。それによって、心筋梗塞をはじめとする血管病を引き起こしやすくなるのです。

特に、腹部に内臓脂肪が溜まるリンゴ型の肥満が危険とされています。肥満は心筋梗塞だけでなく骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こす可能性も。

普段の食生活を改善して、日ごろの運動不足を解消し、合併症を予防しましょう。

肥満が関連する血管病の情報をチェック>>

肥満の対策方法

肥満を予防するには、暴飲暴食基礎代謝の低下ホルモンバランスの乱れを改善しましょう。

暴飲暴食をしないためには、自己管理を徹底しなければなりません。食事の時間と食べる量を決めましょう。

基礎代謝を上げるためには、体温を上げたり、ストレッチをして筋肉を柔らかくすることがおすすめ。基礎代謝を上げるのに、過酷なトレーニングは必要ありません。まずは、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

ホルモンバランスの乱れを改善するためには、生活リズムを正し、十分な睡眠を取り、ストレスをためないことです。早寝早起きを心がけ、休日にお出かけなどをしてリフレッシュしましょう。