脳卒中

脳卒中は、発症すると体の麻痺や意識障害、言語障害など後遺症になる症状を引き起こすほか、最悪の場合死につながります。そんな恐ろしい脳卒中を早期発見するポイントや、予防策についてご紹介しています。初期段階で防ぐためにも、生活習慣に対する意識を高めておきましょう。

脳卒中とは?

脳卒中の起こり方には、大きくわけて2通りあります。血管が「詰まる」ケースと、血管が「破れる」ケースです。

血管が詰まるケースは、脳につながる血管が詰まってしまい、酸素や栄養を送ることができなくなった状態です。脳梗塞、脳血栓症などがこれに当てはまります。血栓が心臓につながる血管を塞ぐと心筋梗塞になります

血管が破れるケースは、血管が損傷し出血することで、脳の神経細胞自体が壊されてしまうパターン。脳出血やくも膜下出血がまさにそれです。

原因としてわかっているのは、高血圧高脂血症喫煙など血液をドロドロにして、血管に負担をかけてしまうものがほとんど。血液の状態に気をつけて、動脈硬化を予防することが、脳卒中を回避するカギなのです。

脳卒中の症状

脳卒中によく見られる症状は、以下の通りです。

  • 頭痛やめまい
  • 貧血のようなふらつき
  • 手足の麻痺やしびれ
  • まっすぐに歩けない
  • 視点がブレる、視界に影が見える視力障害
  • 意識を失う
  • ろれつが回らない、失語症といった言語障害
  • 不整脈

このような症状が現れたら、すみやかに医療機関で適切な検査を受けてください。

貧血のような症状が多いので放って置きがちですが、早期発見のためにも体からのサインを見逃さないよう、細心の注意が必要です。

脳卒中を予防して心筋梗塞・血管病のリスクを減らす

現在、日本で死亡原因第3位の脳卒中。早めの治療で死を免れても、寝たきりになる場合や、言語障害、麻痺が残る可能性が十分にあります。

恐ろしいこの病気を避けるためには、普段から「血管を傷つけない」「血液状態を意識する」生活を心がけてください。

生活習慣を見直して、動脈硬化や高血圧につながる要因を断ち、常日頃からの予防を行えば、脳卒中や心筋梗塞は防げる病気なのです。

心筋梗塞を詳しく知りたい方はコチラ>>

脳卒中を防ぐためには

ここで、普段の生活からできる予防策をチェックしてみましょう。

  • 体を冷やさない
  • 禁煙
  • アルコールを控える
  • 軽い運動
  • 室内と屋外の寒暖差を避ける
  • 塩分や脂質の高い食べ物を避ける
  • ストレスを避ける
  • こまめな水分補給

血圧の急激な上昇は、血管へ大きな負担を与えます。起床時や、激しい寒暖差、冷え込む冬場は血圧が上がりやすいので気をつけましょう。ドロドロの血液にならないためにも、食生活の改善と、こまめな水分補給が欠かせません。食事は、肉料理から魚や豆中心に、シフトチェンジすることをおすすめします。

脳卒中は、発病してからでは手遅れになる場合が多いです。一生涯の後遺症が残ってしまってから後悔しても仕方がありません。しかし、日頃より危険因子への対処を行っていれば、脳卒中はもちろん、脳血管性痴呆や心筋梗塞、不整脈や狭心症などの予防にもつながります。脳卒中で倒れてしまわないよう、高血圧や動脈硬化を起こさないための予防を心がけましょう。

あなたの体を守るのは、あなた自身なのです。

脳卒中が関連する血管病の情報をチェック>>