カテーテル検査

心筋梗塞のカテーテル検査とは

カテーテル検査は、心電図や超音波検査などの不十分な点を補い、心疾患の状態や治療方針を定める際に役立ちます。

カテーテルとは、柔らかい素材の細いチューブ。検査の用途に応じてさまざまな種類がありますが、長さは約1m、直径は約1.5mm程度となっています。こちらを足の付け根や腕、手首などの静動脈から挿入し、血管に沿って先端を心臓まで到達させます。そこで心臓の働きや、病気の種類・重症度を詳しく調べることができます

心臓カテーテル検査には大別して2種類あります。

  • 右心カテーテル検査
    静脈からカテーテルを挿入し、大静脈・右心房・右心室・肺動脈脈の圧測定や造影、また心拍の測定を行う。さらに心臓内側の筋肉摘出を行うことも。
  • 左心カテーテル検査
    動脈からカテーテルを挿入し、大動脈・左心室などの圧測定や造影、冠動脈の造影を行う。

カテーテル検査の流れ

心臓カテーテル検査の所要時間は30分~1時間程度です。以下にその流れを見ていきましょう。

  • カテーテル検査当日の朝は、食事を摂れない。まず血液検査を行い、その後、検査着に着替え、カテーテル挿入部分の体毛を剃る。
  • 局所麻酔をし、血管に針を刺したうえでカテーテルを挿入し、心臓まで進め、必要な作業を実施する。
  • 終了後はカテーテルを抜去し、挿入部位を15分程度圧迫止血してから病棟に戻る。その後4~6時間程度は安静が必要。

患者は仰向けになり診療台に寝ている状態で、検査を受けます。局所麻酔注射以外に、痛みを感じることはないでしょう

カテーテルの挿入部位をどこにするかは、医師の判断によりますが、手より足から挿入した場合の方が、術後の安静をより長く取る必要があります。またほとんどの場合、数日の検査入院が必要です。

カテーテル検査でわかること

カテーテル検査を通じ、血管の形や走行、狭くなったり詰まっているところの確認ができます。狭心症や心筋梗塞の疑いがある場合は、カテーテルを通じて冠状動脈内に造影剤を注入して写真をとり、病変を調べます。

また心室に造影剤を注入することによって、その大きさや動き方を知ることもできます。大動脈瘤や大動脈縮窄症の疑いがある場合は、大動脈に造影剤を注入することもあるでしょう。

この検査で心不全や狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患のより詳細な診断が可能となるのです。

検査のリスク

心臓カテーテル検査には、死亡または重篤な合併症が発生する可能性があります。しかしその割合は0.1~0.2%以下と低くなっています

原因として、カテーテルによって血管が傷付き発症する合併症が考えられますが、近年は技術が進歩しているため、熟練したスタッフが行えば心配はほとんどありません。また検査中後は心電図や血圧の監視が行われ、異常があった場合には速やかな対応が実施されるでしょう。

事故例などを見聞きして神経質になるあまり、カテーテル検査を避けてしまうと、正確な治療計画立案の妨げになってしまうと知っておきましょう