心エコー検査(心臓超音波検査)

心エコー検査とは

心エコー検査では、人間の耳には聞こえないくらい高周波数の超音波を心臓にあてたところで、反射されるエコーを受け取り、心臓の様子を画像に映し出します

X線撮影などのように、放射線被曝の心配がない検査なので、繰り返し行っても安全。もちろん、乳児や妊婦でも検査を受けることができます。絶えず拍動している心臓を実際に見ることのできる数少ない検査で、痛みを感じることもありません。

こうした受診しやすさから、心エコーは心臓に関する疾患が疑われる人に実施される検査の、初期段階に採用されることが多くなっています。心エコー検査で何らかの異常が発見された場合は、次の段階へ進むことになります。

心エコー検査では心臓に流れる電流までは把握できませんので心電図検査へ、また心臓に血液を送る血管・冠動脈の詳細を知るために、CT検査あるいは心臓カテーテル検査などへと進んでいきます。

検査でわかること

心エコー検査の目的は、主にふたつあります。

ひとつめは心臓の大きさ、形、動き方、そして心臓の壁の厚さの確認です。疾患があると、心臓が大きくなったり、逆に小さくなったりと形に変化が出ます。また心臓の壁の厚さが変わってくることでも、形状が変化します。さらに心臓の一部で動きが弱まるなどの兆候が見られるのです。心エコー検査では、これらの点に注目します。

もうひとつは、血液の流れや速度の確認です。心臓には血液が正常に流れるよう、4つの弁が存在しています。しかし疾患があると血液が逆流するなどの機能異常が生じるようになります。これらを発見するためには、エコー図に色彩を付けて確認する「カラードップラー法」が適用されるでしょう。

この検査で心臓肥大や心拡大、拡張型/肥大型心筋症、各種の弁膜症、心筋梗塞などを発見することが可能です。

検査の流れとかかる時間

心エコー検査は、上半身の肌を露出した状態で仰向けになったうえで、行います。 「プローブ」と呼ばれる超音波の機械を、肋骨の隙間に沿うようにあてていきます。 この機器と皮膚の間に隙間が開かないよう、ゼリー剤を塗ってピッタリと密着させることになるでしょう。

機器はモニターと接続されているため、エコー図はその場で確認することができます

また心電図検査と併用されることが多く、その際には前胸部や手・足首に電極が取り付けられます。所要時間は20~30分ほどです

異常が見つかったら

この検査で何らかの異常が見つかった場合には、さらなる検査の必要が生じます。

心臓の疾患が進行して重症化しているケース、また心エコー/心電図検査だけでは確認できない冠動脈の様子を確認するために、CTや心臓カテーテル検査が採用される可能性が高くなります。