摂りたい食材(6)飲み物

血液がドロドロだと動脈硬化が起きやすくなるので、予防するためには食生活から見直すことが必要です。このページでは、心筋梗塞に効果的な飲み物について、成分や効果、摂取の方法をお教えします。

血液サラサラが期待できる飲み物をピックアップ

砂糖がどっさりと入った炭酸飲料、暴飲で血圧を上げてしまうアルコールなど、血液をドロドロにしかねない飲み物は、数多くあります。どうせ喉の渇きを癒すなら、気持ちも血液の流れもさわやかにしてくれる飲み物を選びましょう!

麦茶

暑い夏の毎日の中で、一服の清涼剤となってくれるのが、冷たい麦茶。お茶として分類される飲み物ですが、カフェインを含まないことでも知られます。

そんな麦茶の中で血液サラサラに役立つ成分として筆頭に挙がるのは、アルキルピラジンという成分。麦茶の香ばしい香りの元となっているだけでなく、小板の凝集作用を抑制し、血流を良好にしてくれます

さらに麦茶が含むGABA(ギャバ)という成分は、腎臓の働きを改善し、高血圧の原因となるナトリウムを排出させる作用があります。さらに血中の中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げるという働きも期待できます。心筋梗塞を予防したい方は、ぜひ積極的に麦茶を飲むようにして下さい。

お水

飲み物の基本と言えるのが、無味無臭のお水。水分補給のために添加物の多い飲み物を選ぶなら、いっそミネラルウォーターに絞るのも健康的かもしれません。

まず原則として、血液をサラサラにするためには水分が必要です。水分不足はそれだけで血流を阻害してしまうのです。さらに血管を詰まりやすくしたり、血栓が発生しやすい環境を作ってしまいかねません。

また人間の身体の6割以上は水分です。「汗や尿などで排出されてしまった分は補う」、「定期的な摂取で、きれいな水に入れ替えていく」という心構えは、健康管理のためにとても大切だと言えるでしょう。特に起床直後、入浴後は身体に水分が不足していますので、積極的に摂取して下さい。

緑茶

麦茶と同様におすすめしたいのが、緑茶です。緑茶には血液サラサラ効果の高い特有の渋み成分・カテキンが含まれるからです。カテキンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があります。

血管病予防の観点から注目したいのは、カテキンのコレステロール増加を抑える働き。血液内での増殖を抑制して、血液をサラサラにしてくれます。

さらにカテキンには、悪玉コレステロールが活性酸素と結び付き、酸化するのを防ぐ働きもあります。酸化した悪玉コレステロールは血栓へと変化し、正常な血流を阻害して動脈硬化や心筋梗塞などを招きかねないため、注意が必要。ぜひ緑茶を積極的に摂取し、カテキンにパワーを発揮してもらいましょう。

【番外】トクホを上手に活用する

皆さんはトクホについて、ご存知でしょうか。消費者庁が「からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品」と認めた商品で、一般的な商品よりも健康効果が高いというお墨付きを与えられた、という意味で注目に値します。
以下にトクホ商品の中でも、コレステロール対策としておすすめの飲み物を紹介しましょう。

●緑でサラナ/サンスター
アブラナ科野菜(ブロッコリー・キャベツ)由来のSMCS)天然アミノ酸・1缶あたり26mg含有)でコレステロール低下作用を確認し、それを初めて関与成分として特定保健用食品の表示許可を取得した商品。

●イマークS/ニッスイ
血中中性脂肪を低下させる作用のあるEPA、DHAを含んだ飲料で、1日4本・12週間の継続飲用で、血中中性脂肪を約20%低下させる作用が認められた商品。