心筋梗塞のリスクについて知る

ある日突然心臓発作を起こしてしまうかもしれない、という不安。

心筋梗塞や狭心症、心室細動を伴う不整脈などの心疾患は、突然発作に見舞われて死に至ることもある恐ろしい病気です。前兆や予兆のない急性心筋梗塞も多く、健康な20代や30代で発症することもあります。ここでは、心筋梗塞が起こる原因や症状、狭心症などの発作が起こる前兆や予兆、再発のリスクなどについてくわしく説明していきます。

心筋梗塞や狭心症など心臓の病気は中年や高齢者だけがかかる病気だと思っているかもしれませんが、高血圧や糖尿病などのいわゆる生活習慣病の若年化が問題になっていることをご存知でしょうか。40~50代で仕事でも家庭でも責任の重い中年層に発症しやすいことは確かですが、現代では30代や20代でも発症することが増えてきています。

元日本代表として活躍した松田直樹選手は練習中に突然倒れ、急性心筋梗塞で34歳という若さで亡くなりました。また記憶に新しいところでは、10代のアイドルが致死性不整脈で亡くなるという痛ましい事例もあります。まだ若いから大丈夫、具合の悪いところはどこもないから心配ない・・・と過信すべきではありません。心筋梗塞はある日突然、誰の身にも起こりうるこわい病気なのです。

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは、動脈硬化や血栓などにより心臓に血液を供給する冠動脈が完全に塞がって心筋に血液が届かず、心筋が壊死してしまう病気のことです。発症してから3日以内の心筋梗塞は急性心筋梗塞と呼び、素早い処置と治療が必要になります。また発症から30日以上が経過して壊死した心筋が繊維化した状態は、陳旧性心筋梗塞と呼びます。

病名にはいろいろな呼び方があるので混乱することもありますが、心筋梗塞や狭心症など心臓に血液がうまく供給されなくなる心疾患は、虚血性心疾患とも呼びます。

心筋梗塞について詳しく見る>>

心筋梗塞の前兆や症状を知ろう

心筋梗塞の主な症状には、激しい胸の痛み吐き気呼吸困難冷や汗などがあります。心筋や神経の壊死によって痛みを感じなくなることもあるので、高齢者や糖尿病患者は要注意です。

また、心筋梗塞を発症した際の「緊急対処法」もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

どんな症状が出るのか詳しく見る>>

心筋梗塞の原因とメカニズム

心臓は1日に8,000リットルもの血液を運び、酸素や栄養を運んでいます。血流に異常が生じて心筋梗塞が発症すると、心筋の細胞が壊死し、死亡や脳への損傷などが発生するのです。

心筋梗塞の原因はいろいろありますが、遺伝的な体質や生活習慣病、肥満、喫煙などが危険因子とされています。

とくに、タバコのニコチンストレスが血圧を上げ、動脈硬化や心筋梗塞を招くのです。

発症する原因を詳しく見る>>

心筋梗塞の治療法

心筋梗塞の治療方法には、薬物療法・カテーテル治療・冠動脈バイパス手術があります。

薬物療法では血液をサラサラにしたり、血管を広げて血圧を下げることが可能です。カテーテル治療では、細い管を冠動脈に入れて直接血管を広げます。バイパス手術は、塞がった血管はそのままに、代わりの血管を移植して血流の通り道を作ります。

治療方法を詳しく見る>>

心筋梗塞再発のリスクについて

心筋梗塞を発症した方は、血栓が作られやすい危険因子をもっているため、再発の可能性は高いと言われています。

では、実際にどんな人が「再発する確率が高い」と言えるのでしょうか?

こちらのページから、細かくチェックしていきましょう。

再発の危険性について詳しく見る>>

どんな後遺症があるの?

心筋梗塞を発症したとしても、約70%の方が一命を取りとめ回復しています。しかし、一度壊死した心筋は再生しません。

壊死した範囲が広い血管は、血液を送り出す力が弱くなるため、心不全や不整脈などを起こしやすくなるのです。

心不全や不整脈を起こさないための予防策も、ご紹介していますので、参考にしてみてください。

どんな後遺症があるのか詳しく見る>>

心筋梗塞予後の注意点

心筋梗塞の予後に行うべきことは、再発の予防です。

動脈硬化防ぎ、血液をサラサラにする必要があるので、食生活の改善に努力しましょう。

血管が若返ると言われる食材がおすすめ。バランスのよい食事を基本に、玉ねぎや、DHA・EPAが多く含まれる青魚を、多めに摂取してください。

予後にできることを詳しく見る>>

心筋梗塞のウソ・ホント

心筋梗塞に関する悩みや疑問にお答えします。

ワインコーヒーが、心筋梗塞に効果があると耳にしたことはありませんか?

どうしても気になるウソ・ホントから、都市伝説まで回答していますので、ぜひご一読ください。

心筋梗塞のウソ・ホントを詳しく見る>>

【この記事を読んでいる人におすすめのコンテンツ】

[特集]心筋梗塞のリスクを高める血管攣縮(れんしゅく)とは>>

血管攣縮(れんしゅく)を予防するEPAのはたらきとは>>

日本人のほうが欧米人より血管攣縮のリスクが高い!?>>