心筋梗塞の手術について

急性心筋梗塞では、閉塞や狭窄が起きてしまった冠動脈に再び血液を流すための「再開通療法」が行われます。再開通療法(再灌流療法)には、薬によるものと、カテーテル手術によるものがあります。心筋梗塞から一刻も早く血液を再灌流させる(再び流す)ことが、その後の回復にも大きく影響します。

心筋梗塞の手術の目的と種類

心筋梗塞の急性期におけるカテーテル手術は、閉塞してしまった血管を広げて再び血液が流れるようにするのが大きな目的です。カテーテル手術(経皮的冠動脈インターベンション:PCI)は、現在日本の心筋梗塞による再開通療法の手段としてより確実・スピーディーに治療できる方法として選ばれています。

心筋梗塞の手術の方法

カテーテルを使った、心筋梗塞の治療(経皮的冠動脈インターベンション:PCI)は大まかに、次のような流れで行われます。

経皮的冠動脈形成術・ステント留置術のながれ

まず、局所麻酔患者さんの痛みをなくし、手首の付け根や太ももの付け根などから動脈にバルーンがついたカテーテルをガイドワイヤーにかぶせた状態で挿入します。そのまま動脈に沿って、カテーテルを心臓まで進め、心臓の入り口(冠動脈の根元)に造影剤を注入し、血管の状態をチェックします。

血管の詰まりや狭窄が認められた場合には、バルーンをふくらませ、血管を干し広げた上で、もう一度、ステントと呼ばれる網目状の金属製の筒を挿入し、バルーンをふくらませてステントを広げ、血管が広がった状態にします。

心筋梗塞の手術時の術後について

心筋梗塞のカテーテル手術を行うと、だいたい90%以上の患者さんで血流の回復がみられます。

しかしながら、どうしても冠動脈がまた狭くなってしまうことも時にはあります。こうした場合には、もう一度カテーテル手術を行うのではなく、バイパス主事術と言って、詰まった冠動脈の部分を通らずに血液が迂回できるよう、バイパス(迂回路)を作る外科手術が行われます。

心筋梗塞の手術メリットとデメリット

心筋梗塞のカテーテル手術は、より成功率が高く、確実に詰まった血管に再び血が流れるように治療する治療法として大きなメリットがあります。切開を伴う外科手術とは異なり、カテーテル手術は患者さんの体にかかる負担もより少ないというメリットがあります。

一方で、デメリットとしては、カテーテル手術が行える病院は設備的に限りがあること。カテーテル治療に精通した、腕のいいドクターにより治療が行われることが大切、という点が挙げられます。近くにこうしたいい病院・いいドクターがいればいいのですが、いつ起きるかわからない心筋梗塞。もしかしたらカテーテル手術ができる病院まで遠い場所で発症することもありえます。

PCI(経皮的冠動脈インターベンション)は,熟練した術者が適切な施設環境において行うことを原則とする.熟練した術者とは,PCIに関する学会専門医,認定医など一定の基準に達した医師であり,PCIの実施は熟練者によるか,またはその監督のもとに行われるべきである

出典:(PDF) 「急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン(2013年改訂版)」[PDF]

このページを作成する際の参考文献