どんな後遺症があるの?

このページでは、心筋梗塞の治療後、起こる可能性のある後遺症や合併症について解説します。

心筋梗塞を起こした心臓は元に戻る?

心筋梗塞で命を落とす確率は約30%といわれています。

数字の上では、70%の人は早い治療によって、回復していることになりますが、実は一度壊死してしまった心筋は再生しないのです。

つまり、一度心筋梗塞を起こした心臓の機能は、完全に元に戻ることはありません。

壊死した部分が狭い時は、まだ十分に働きを補うことができますが、壊死してしまった範囲が多い場合は、血液を送り出すポンプの力が弱くなってしまうため、心不全不整脈など今後の生活に影響を与える後遺症が出やすくなります。

壊死した範囲が狭い場合は、いち早く治療を行うと後遺症は出にくいと言われていますので、早めの治療が、後遺症を防ぐ重要なポイントです。

心筋梗塞が引き起こす後遺症・合併症

心筋が壊死してしまうと心臓の働きが弱くなり、血液を十分に送り出せなくなります。

そのため、体全体の抵抗力は落ち、息切れしやすくなったり、疲れやすくなったりします。酸素が十分に行き渡らないため、疲労の回復力も落ちます。見た目でわかる症状としては、足を中心とした下半身がむくむ場合があるようです。

このような状態を「心不全」と言います。

心臓の機能低下は、壊死してしまった心筋の範囲によって決まり、大きさに比例して後遺症も大きくなります。心不全が悪化すると、食事をするだけでも疲れてしまい、食欲不振になったり、就寝時に突然、呼吸困難に陥ったり…ということにもなりかねません。

その場合、弱まってしまった心臓の活動を補おうとして、心臓が通常以上に働きすぎ、肥大してしまうこともあります(心肥大)。

また、正常時のように規則的な心拍を打つことができなくなる「不整脈」にもなりやすく、不整脈が進行すると「心室細動」を起こしてしまうこともあります。

心室細動は、心停止に至ってしまう重大な症状です。

もし後遺症として不整脈が出た場合、不整脈の原因を取りのぞく「カテーテルアブレーション」で治療することが多いようです。また、不整脈を止めるための補助人工臓器を、体内に埋め込む「植え込み型除細動器」を利用する方法もあります。

最近は、心室細動を正常に戻すAED(自動体外式除細動器)という機器が、町なかやあらゆる施設に常備されるようになってきました。それにより、心筋梗塞(心疾患)を起こして倒れた人に対して、一般の人が対応できるようになったのです。

急性心臓疾患によって命を落とすことがないよう、住民に対する配慮が、社会全体に行き渡りつつあります。

「心筋梗塞」で命を落とさないために

このように、心筋梗塞は一度起こしてしまうと、元の健康な心臓に戻ることのない恐ろしい病気です。

心筋梗塞に関しては、いつどこで、誰が発症してもおかしくはありません。そのため、まずは予防に努めることが重要になってきます。

危険因子のない人も、日頃から生活習慣を整えるよう心がけましょう。