心筋梗塞の前兆や症状を知ろう

少し動いただけで息苦しい、胸やお腹がむかむかする、肩から背中にかけて痛みを感じる・・・。日常のひとコマとして見過ごしてしまうようなちょっとした変化の中に、心筋梗塞や狭心症の前兆が隠れています。

ここでは急性心筋梗塞を発症する前兆となる体調の変化や、実際に心筋梗塞や狭心症が起きてしまったときの症状についてまとめてあります。必ずしも心疾患の予兆であるとはかぎりませんが、少しでも不安を感じたら循環器系の病院で診察を受けましょう。発作が起きてしまってからでは手遅れになってしまう可能性もあります。

心筋梗塞の症状と狭心症の症状の違い

心筋梗塞も狭心症も「虚血性心疾患」と総称される病気ですが、心筋に血液を供給する冠動脈が動脈硬化などで狭くなってしまったり、完全に塞がって(閉塞)しまったりして、心筋に血液を送ることができなくなる心筋虚血により起こる疾患のことを指します。

心筋虚血で心筋の収縮力が弱まってしまうと全身に血液が供給されなくなり、虚血性心不全や致死性不整脈といわれる心室細動など重篤な症状におちいることもあります。虚血性心疾患は冠動脈性心疾患とも呼ばれています。

同じ虚血性心疾患の狭心症と心筋梗塞の症状はともに胸の痛みや息苦しさなど共通している症状もありますが、以下のような違いがあります。

  • 狭心症は胸の痛みや動悸など数十秒から10分、長くても15分程度でおさまりって平常に戻る
  • 心筋梗塞は突然の冷や汗や吐き気をともなう、胸を突き刺すような激しい痛みが30分以上続く。場合により意識を失う

狭心症は冠動脈の異常収縮(攣縮)や不整脈などで一時的に心臓の仕事量のバランスが崩れて起こりますが、心筋梗塞は心筋の一部が壊死してしまうため、心臓の活動バランスに関係なく突然発作を起こすなどして発症することがあります。急性心筋梗塞を引き起こした場合は、すぐに救急搬送して集中治療室で治療や手術が必要になります。

軽い狭心症であれば安静にして硝酸薬の舌下碇で発作はおさまりますが、何度も繰り返すうちに急性心筋梗塞を発症する可能性があるので注意が必要。また致死性不整脈である心室細動で倒れた場合、AED(自動体外式除細動器)などで1分でも早く処置をしないと、命に関わります。

また、高齢者や糖尿病患者など痛覚が鈍くなっている人などは、心電図検査後の診断で無痛性心筋梗塞」【無痛性心筋梗塞】 心筋梗塞の範囲が狭かったり、程度が極めて軽度などが原因で痛みを感じない心筋梗塞のこと だと診断されることがあります。

心筋梗塞は時間が経つと名称が変わり、発症から3日以内なら急性心筋梗塞、1ヶ月以内なら陳旧性心筋梗塞と呼ばれるようになります。

【要チェック】心筋梗塞の前兆とは?

急性心筋梗塞で入院している患者へのアンケートなどによれば、約50%の人は心筋梗塞を起こす前兆があったと答えていますが、残りの50%はほとんど前兆や予兆というものを感じることなく、突然心筋梗塞の発作を起こしてしまいます。たとえ前兆がなくても「こんな症状が出たら狭心症や心筋梗塞を疑え!」という予備知識があれば、すぐに救急車を呼ぶなどの対応をスピーディに実行できます。

ほかの症状と境界線があいまいなものもありますが、まず異変を感じたらすぐに診察を受けることが予防の一歩でもあります。以下の18項目のうち、2~3個でも当てはまるものがある人は、循環器内科で検査をすべきでしょう。

  • ピンポイントではなく広範囲で胸が痛む
  • 胸部に押されるような圧迫感
  • 胸を激しく突かれたような激しい胸痛
  • 左肩から背中にかけて急な痛み
  • 左腕から左手小指にかけて鋭い痛み
  • 腕や顔面がしびれる
  • 熱くないのに急な冷や汗
  • 冷や汗が止まらない
  • 急な吐き気・嘔吐
  • 胸や腹に感じるむかつき
  • 虫歯ではないのに奥歯や下あごが痛む
  • 息切れ・呼吸困難
  • 不整脈(脈の乱れ)・動悸
  • 顔面蒼白
  • 食欲が低下する
  • 血圧が下がる・めまい
  • 全身がだるい
  • ED

中高年だけでなく30代やそれ以下の若い世代でも狭心症や不整脈、心筋梗塞の発作を起こすことがありますので、急に上記のような症状が現れたら要注意。放散痛といって原因の部位からまったくかけ離れた場所が痛くなることもあります。歯が痛むと思って歯科医院に行ったら心筋梗塞だった・・・ということもあるそうです。

日常生活の中でなんとなく体調がすぐれない、頭が重い、疲れが取れない、食欲がないといったことはよくあることですし、いちいち病院になど行っていられないという気持ちもわかりますが、狭心症や心筋梗塞を起こすような危険因子を抱えているという自覚のあるかたは、転ばぬ先の杖と考えてリスクマネジメントを心がけてください。