治療方法とは?

このページでは発症した場合、心筋梗塞で行われる治療方法と死亡率などを紹介、予防の大切さを認識しましょう。

薬物治療や外科手術など心筋梗塞の治療方法とは

軽度の心筋梗塞では、1週間から10日程度入院することになります。

その際は、血流の改善や血圧降下のための治療が行われ、安静にすることが重要です。

心筋梗塞の治療法には、薬物治療カテーテル治療冠動脈バイパス手術の3つがあります。これらの治療法について、詳しく見ていきましょう。

薬物治療

薬物治療とは、主に細くなった冠動脈の血流をよくするために行います。血液をサラサラにする「抗血小板薬」もその1つです。他にも、冠動脈を拡張する、血圧を下げるといった薬物療法があります。

薬物治療で使われる薬は、主に以下の3種類です。

硝酸薬 血管拡張薬の一種で、冠状動脈を拡張させ心筋への血液の流れをよくする効果があります。
全身の静脈を拡張し、心臓へ返ってくる血液の量を減少させることで、心臓への負担を少なくします。同時に全身の動脈も拡張させ、血圧を下げる効果もあります。硝酸薬の働きにより、発作の原因となる心筋の酸素不足の解消が望めるのです。
硝酸薬には、ニトログリセリン錠ニトロペン錠ニトロール錠などがあります。
β遮断薬 交感神経の興奮を抑え、心拍数を抑える働きがあります。心臓の仕事量を抑えることで、発作予防の効果が見込めます。
しかし、β遮断薬には気管を狭くする作用があるため、喘息を悪化させることがあります。気管支喘息の人は使えませんので、ご注意を。
カルシウム拮抗薬 硝酸薬、β遮断薬が使用できない、また使用しても効果が見られない人に適用されます。そのため、代替手段として処方されることがほとんどです。

カテーテル治療

カテーテルと呼ばれる細い管を冠動脈まで入れ、塞がってしまった血管や、狭くなった血管を広げて血流を回復させる治療法です。

外科手術ではあるものの、心臓自体を切ったりするわけではないので、患者の負担が軽く、短時間で治療が終了するという利点があります。虚血性心疾患に対する代表的な治療法と言えるでしょう。

冠動脈バイパス手術

外科手術には、冠動脈バイパス手術というものもあります。これは、塞がってしまった冠動脈はそのままに、別の側副路をつくることで心筋への血流を確保するもの。

カテーテルでは治療できない場合や、何度も再発する場合はこうした手術が必要です。一度の手術で血行の完全回復が見込めますが、心臓血管外科による開胸手術のため、体への負担が大きいというリスクがあります。

心筋梗塞の死亡率や若年化傾向を知っておく

急性心筋梗塞の死亡率は減少傾向にあると言われていますが、それでも5~10%

これは急性だけの数字なので、狭心症も含めて、虚血性心疾患が大きなリスク要因であることは間違いありません。

心筋梗塞は、中高年が発症する病気だと思っている人も、少なからずいらっしゃるでしょう。しかし、近年では「若い世代の人にも発症リスクがある」と知られるようになりました。

例えば、元日本代表のサッカー選手・松田直樹さんは練習中に急性心筋梗塞を発症し、30代で亡くなっています。プロのアスリートであり、本来メタボには無縁のはず。

また、女優の天海祐希さん40代ですが、年齢よりも若く見える女性の代表格です。しかし、軽度とは言えども、心筋梗塞を発症し、舞台を降板しています。

比較的、若い世代の人たちでも、心筋梗塞を発症する恐れがあるのです。生活習慣病の傾向があるのなら、より一層、予防を心がけましょう。