心筋梗塞の引き金となる血管病

心筋梗塞の要因となる血管病について「血管病とは何か?」「よくあらわれる症状や、何が原因で発症するのか?」「ストレスが血管にどう影響するのか?」を詳しく解説しています。
また、簡単に血管年齢診断できるチェックリストや、Q&Aなども用意していますので、血管病の基礎知識から予防法まで知ることができます。

心筋梗塞の原因となる血管病の基礎知識まとめ

血管病とは

日本人の死因1位はガンと言われていますが、2位3位を占めるのは心筋梗塞脳梗塞です。

心筋梗塞や脳梗塞の原因は、血管病と呼ばれる血管疾患がもとで発症しており、突然死の約9割を占めています。

死亡リスクがとても高い血管疾患とは、いったいどんな病気なのか?また血管疾患にはどのような種類があるのか?について、詳しく解説します。

血管病についてはコチラ>>

血管病によくあらわれる症状

心筋梗塞の原因とされる血管病(血管疾患)は大きく分けて3つの症状があります。

「詰まる」「膨らむ」などの生活習慣病がもととなる疾患と、健康な人でも突然発症してしまう「血管の異常収縮」です。

どのようなことが原因で発症し、初期症状はどんな状態なのか?また痛む部分はどこなのか?など、詳しく解説しています。

血管病によくあらわれる症状についてはコチラ>>

血管とストレスの関係

私たちがストレスを感じた時、血管内部ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

実は、ストレスを受けた血管は収縮してしまったり、血液が通りづらくなってしまったりと、大きなダメージを受けているのです。

ストレスが引き起こす、血管への影響を3つに分けて詳しく解説します。あわせて、簡単に実践できるストレス対策法をいくつか紹介しています。

血管とストレスの関係についてはコチラ>>

血管年齢診断チェックリスト

血管年齢が高いと、血管疾患が原因となる心筋梗塞や脳梗塞の発症率が、大きく上昇してしまいます。

血管の内部にこぶができてしまったり、血栓が詰まったりすると、大切な臓器に血液を運ぶ血流がストップしてしまい、大変なことに!

血管病の一番危険なところは、前触れもなく突然発症し、死に至る可能性が高いことです。そんな困った事態になる前に、血管年齢診断チェックリストを使って簡単にチェックしましょう。

診断結果に合わせた改善方法なども掲載していますので、おすすめです。

血管年齢診断チェックリストはコチラ>>

すぐにできる血管病の予防対策

血管年齢が若いということは、長生きのパスポートを手にしているようなものです。

生活習慣を見直して、静かに忍び寄るサイレントキラー(血管病)を予防しましょう。血管病を予防する習慣として、有酸素運動、喫煙の及ぼす影響について、詳しくお話しします。

また動脈硬化の予防として、摂取すべき栄養素の紹介や、血管の異常収縮を抑制する食品成分などをあわせて紹介いたします。

すぐできる!血管病の予防対策はコチラ>>

血液をサラサラにする成分を知る

動脈硬化や心筋梗塞を予防するためには、血液をサラサラに保つことが不可欠です。

サラサラの血液に変えていくための生活習慣や、日ごろから摂取したい血液サラサラ成分「EPA」「DHA」なども詳しく紹介します。

また最新の研究で発見された、EPAが血管の異常収縮を抑制するメカニズムについても解説します。

血液をサラサラにする成分についてはコチラ>>

血管病のお悩み相談室(Q&A)

心筋梗塞や脳梗塞などの原因である血管病は、どうやって予防していくのか?

血管の病気にまつわる、さまざまな疑問へお答えいたします。

Q&A形式で、血管病の症状の見分け方や、症状から判断し、どの科を受診すべきなのか?血管病や心筋梗塞、血管の異常収縮がどんなものなのか?について、調べて詳しくお答えいたします。

血管病のお悩み相談室はコチラ>>

【突然死のリスクを抑制するEPAに関する特集をチェック!】

[特集]心筋梗塞のリスクを高める血管攣縮(れんしゅく)とはどういう症状か>>

血管攣縮(れんしゅく)を予防するEPAのはたらきについて>>

狭心症の原因となる血管攣縮が欧米人の3倍も多い理由とは?>>