【Q&A】胸痛はどんな病気?

Q.胸を締めつけるような痛みがあります。何科を受診すれば良いですか?

A.胸痛にはさまざまな原因があります。それはなぜかというと、人間の胸部には、心臓や肺を始め、大動脈、食道、乳腺、肋間神経など、数多くの臓器や組織が集中しており、そのどれもが胸痛を伴う疾患を引き起こす可能性があるからです。

胸痛を伴う疾患には緊急性が高いものが多いため、診察を受ける場合は、まず始めに、そういった疾患かどうかを確認してもらう必要があります。心臓や肺、大動脈に関する疾患は特に緊急性が高いので、激しい胸痛、動悸、息切れなど典型的な心疾患の症状が出た場合はすぐ、心臓血管外科、循環器内科を受診するようにしましょう。

胸痛を伴う緊急性の高い病気

・狭心症、急性心筋梗塞など虚血性心疾患 ⇒心臓血管外科・循環器内科へ
・大動脈解離 ⇒心臓血管外科・循環器内科へ
・急性肺血栓塞栓症 ⇒肺循環科・循環器内科へ

5つのポイントで痛みの原因を探る

日本呼吸器学会は、痛みの原因がなにかを推測するためには「5つのポイント」が重要だとしています。

①どのような痛みか

「刺すようないたみ」「鈍い痛み」「圧迫されるような痛み」「締め付けられるような痛み」など、痛みの種類について

②どこが痛いか

「胸のどの部分が痛いか」「背中のほうも痛いか」「首や肩まで痛みが広がっているか」痛みを感じる部位。また、「一カ所がピンポイントで痛むか」「広範囲にわたって痛むか」といった違いや、「いつも同じ場所が痛むか」「痛む場所が変わるか」といった違いについて

③どのくらい持続するか

「瞬間的か」「数分か」「数時間からそれ以上か」など、痛みが続く時間の長さについて

④どのような時に痛むか

「動いた時か」「安静時か」「体位を変えたときか」「呼吸との関連があるか」「食事との関連があるか」など、痛みが起こる状況について

⑤ほかに症状があるか

「呼吸困難」「発熱」「冷や汗」「吐き気」「嘔吐」など痛み以外の症状について

上記のポイントは、痛みの原因となる疾患を推測するうえで、とても重要な指標となるので、病院を受診する際には、これらをなるべく具体的に説明できるよう、事前に確認しておくとよいでしょう。
日本呼吸器学会の情報をもとに、胸痛から考えられるおもな病気とその症状について一覧表にまとめてみました。胸痛が起こった際、どの科を受診すればよいか決める目安にしていただければと思います。

胸痛を伴う代表的な病気

心臓や大動脈の疾患 ⇒心臓血管外科・循環器内科へ

狭心症
胸部中央から左側にかけて、胸が締め付けられるような痛みや圧迫感が15分程度。

急性心筋梗塞
狭心症より強い胸痛が30分以上。冷や汗、血圧低下、呼吸困難を伴う。

大動脈解離
急激な胸部の激痛。背中、手足の痛み。失神や意識障害も。

肺や胸膜の疾患 ⇒肺循環科・循環器内科・呼吸器内科へ

急性肺血栓塞栓症
急激な呼吸困難と胸痛、咳。めまいのあと失神。

気胸
突然の胸痛と息苦しさ。乾いた咳。やがて呼吸困難に。

胸膜炎・膿胸
深呼吸や咳に伴う鈍い胸痛。発熱、呼吸困難。

神経・筋肉・骨の疾患 ⇒整形外科・内科へ

肋間神経痛
肋間神経(肋骨に並行して走る神経)が刺激されて起こる。深呼吸や咳、体位の変化に伴う痛み。

大胸筋・小胸筋痛
胸筋の筋肉痛。トレーニング後や重い荷物を持ったあと痛くなったらこれ。

肋骨骨折
体位の変化や深呼吸、くしゃみ、押したときに痛む。

帯状疱疹
激しい痛みを伴う帯状の発疹が、胸部の肋間神経に沿って現れる。

消化器系の疾患 ⇒消化器内科へ

逆流性食道炎
胸骨付近に生じる痛み。嚥下困難や胸焼け、腹部の膨満感。

急性膵炎
激しい左上腹部の痛み、吐き気、発熱。

心因性の疾患 ⇒心療内科

心臓神経症
検査で何も異常を認めないにもかかわらず、左胸にズキズキ、チクチクとした痛み。ストレスを受けると、動悸、息切れも。

症状が軽くそれほど深刻な病気ではないように見えても、陰に重篤な疾病が隠れている可能性もあります。自己診断で終わらせず、気になる症状が見つかった場合は、必ず専門の医師にご相談ください。

参照:「Coronary atherosclerosis in indigenous South American Tsimane: a cross-sectional cohort study.」Elsevier Ltd.
http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=54

「呼吸器Q&A」日本呼吸器学会

日本人はなぜ欧米人の3倍も血管の異常収縮を起こしやすいのか>>

すぐできる血管病の予防対策とは?>>

血液をサラサラにする9つの成分をチェック>>