血管病とはどのような病気?

日本人の死因で常に上位を占めるのが、心筋梗塞や脳梗塞などの疾患です。どちらも血管の異常が原因で起こる病気で、突然死のじつに9割がこうした血管疾患が原因で亡くなっています。
死亡リスクの高い血管病とはどのような病気なのか、血管の異常にはどのようなものがあるのかについてまとめました。

血管病・血管疾患とはどのような病気なのか

血管病(血管疾患)とは、血管内を流れる血液が、動脈硬化や血栓などが原因で、うまく送り出せなくなる病気です。また血管が膨らんだり、詰まったり、破れたり、また血管がけいれんするように異常な収縮をすることによって発症するさまざま病気を総称して「血管病」といいます。人間の健康はすなわち血管と血液の健康なしには維持できません。

血管の詰まりは、血栓などが血管内をふさいで血液の流れを滞らせ、さらに動脈硬化により柔軟性を失った血管に老廃物が蓄積してしまうことにより起こります。血液が心臓や脳に十分に供給されなくなると、細胞が酸欠状態となり壊死してしまいます。

動脈硬化や血栓の原因となるのは高血圧、高脂血症や糖尿病、タバコや心的ストレスなど、生活習慣病やライフスタイル、食生活などに起因するものが多いことがわかっています。生活習慣の見直しが心筋梗塞や狭心症の見直しにつながる可能性もあります。ただし、血管の異常収縮だけはどんなきっかけでそれが起こるのか、発症のメカニズムに関してはまだ謎が多い症状なのだそうです。

血管病にはさまざまな症状と種類がある

血管が詰まるきっかけに大きな影響をあたえるのが「高血圧」です。血圧が高くなると大量の血液が動脈を流れるため、動脈硬化が進んで内壁が傷つきやすくなり、血栓(血小板の塊)により血流が滞るようになります。さらにこの血栓がはがれて血管が詰まってしまうことでさまざまな病気を発症します。

心筋梗塞(しんきんこうそく)

心臓のまわりを流れる冠動脈が動脈硬化を起こし狭くなり、心筋に血液が送り込まれず心筋の細胞が死んでしまった状態を指します。一度死んでしまった心筋がよみがえることはなく、残った心筋でその働きをカバーするしかありません。

強い発作の前兆として、心臓を中心とした胸を圧迫されるような、締めつけられるような発作(狭心症発作)や、左肩・左腕・首・心臓の後ろ側・背中にかけて、強く圧迫されるような鈍い痛みを感じる場合もあります。

脳梗塞(のうこうそく)

脳の血管が血栓で詰まってしまい、細胞が壊死してしまう病気です。脳梗塞は発症前に前触れとして、TIA(一過性脳虚血発作/いっかせいのうきょけつほっさ)が起こると言われています。その症状は数分間続き、一旦完全に消失する特徴を持っています。

TIAを発症した人は、5~30%程度の確率で、脳梗塞を発症する可能性があります。痛みが治まったとしても、必ず医師に診てもらうようにしましょう。

狭心症

動脈硬化が進んで血管内が狭くなり、心臓に十分な血液が供給されなくなった状態を「心筋虚血」といいますが、この虚血状態による危険信号として発せられる胸の痛みや圧迫感のことを「狭心症」といいます。

狭心症自体は一時的な症状で平均15分ほどで正常な状態に戻ります。ただしこれが繰り返されると血管が完全にふさがってしまい、心筋梗塞へと病状が進んでしまうのです。

致死性不整脈

動悸を感じるというのも不整脈のひとつですが、血液を送り出すポンプの役割を果たす心臓に指令を出す電気刺激が正常に伝わらない状態が不整脈です。不整脈には大きく分けると「除脈性不整脈(脈が遅くなる)」、「期外収縮(脈が飛ぶ)」、「頻脈性不整脈(脈が速くなる)」といった3つのグループに分けられます。

そのなかで致死性といわれるのが、心室頻拍から心室細動(心停止)への移行や、極端な除脈性不整脈による失神(一時的な心停止)です。どちらの症状もなるべく早く治療を受けないと命にかかわる危険な状態といえます。

急性動脈閉塞症(きゅうせいどうみゃくへいそくしょう)

動脈の異常により、急激に血行障害が起こる病気です。全身の動脈のどこでも起こり得ますが、特に下肢動脈(かしどうみゃく)に症状が出ます。

凝固した小さな血液が、足の動脈に詰まって閉塞する場合と、動脈硬化が原因で血液の流れが悪くなり、血栓が動脈を閉じてしまうことがほとんどです。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

動脈硬化が原因で、主に足の血管が詰まり、痛みで歩行障害などが起きてしまう病気です。「手足が冷える」「手足がしびれる」「歩くと痛みがある」などの症状と、その期間で確認します。

腕や足の血圧の比を測定し、値が1以下の場合、足に動脈硬化が起こっていると診断されます。

頸動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)

頸動脈狭窄症とは、頸動脈が動脈硬化で細くなる病気です。頸動脈は、大動脈から流れてきた血液を、脳に流す太めの血管です。動脈硬化が原因で、頸動脈が細くなると、脳への血流が低下したり、詰まったりします。

血液の塊や動脈硬化の破片が脳の頸動脈に詰まってしまうと、脳梗塞を起こしてしまいます。

静脈血栓塞栓症

足の深い所にある静脈に血の塊ができる病気です。その塊の一部は血流に乗って肺に流れ着いてしまいます。こうなると肺の血管を詰まってしまいます。

発症すると、日常生活の中で息苦しさが頻繁に起こるようになります。また、呼吸の際に胸痛が伴うことも…。一番恐ろしいのはショック反応で、失神や突然死を伴うこともあります。

このほか、下肢静脈瘤は足の静脈が膨らんだりコブのように浮き出てしまったりする血管病のひとつ。下肢静脈瘤は軽度のうちに治療すれば大事にはなりませんが、放置すると最悪足の指が壊死するなど重篤な症状に陥る場合もあるので注意が必要です。

胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)

心臓~胸から腹部と、身体の中央を通る血管を大動脈と呼びます。この大動脈の中でも、横隔膜より上の部分を胸部大動脈と呼びます。

胸部大動脈の壁が動脈硬化などの原因で膨らんだ状態が、胸部大動脈瘤です。瘤(こぶ)のように膨らみますが、発症すると徐々に拡大。周囲の臓器も押さえこめず、また血圧に耐えきれなくなると破裂し、内出血を起こします。

腹部大動脈瘤

大動脈の中でも、横隔膜より下の部分を腹部大動脈と呼びます。腹部大動脈の壁が動脈硬化などの原因で膨らんだ状態が、腹部大動脈瘤です。

こちらはレントゲンに映らないことが多く、進行中でも自覚症状がないため発見しにくくなっています。胸部大動脈と同じく、発症すると徐々に拡大。周囲の臓器も押さえこめず、また血圧に耐えきれなくなると破裂し、内出血を起こします。

中高年だけでなく若者の命も奪う血管病

心筋梗塞や脳梗塞など血管が詰まることで発症する病気は、これまで動脈硬化などの老化現象のひとつと考えられてきました。その発症が中高年に多いのは事実ですが、近年は10代の若者でも致死性不整脈などで命を落とすこともありますので、若いからといって安心はできません。

10代のアイドルが突然倒れ帰らぬ人となったこともありますし、練習中のプロサッカー選手が急性心筋梗塞で急逝したこともありました。

日本でも欧米型の肉食中心な食生活が定着してしまったこと、ファストフードなど著しく栄養の偏った食生活を送ることにより血液の質が悪化し、動脈の老化が早くに進んでしまうことが原因のひとつとして考えられます。

また月曜日に心筋梗塞の発症率が高くなるというデータがあるのですが、仕事などのストレスにより血圧が高くなり、心筋梗塞を起こしやすくなるのではないかとも言われています。

このように、血管と血液の健康が損なわれることにより、ある日突然なんらかの血管病を発症してしまうリスクが高まってしまいます。心筋梗塞や狭心症というと「心臓が悪い」と考えてしまいますが、じつは血管と血液に異常があるから、心臓に異常が起こるのだ、ということを覚えておいてください。

【血管の異常をいち早く察知したい人に読んでほしいコンテンツ】

日本人はなぜ欧米人の3倍も血管の異常収縮を起こしやすいのか>>

すぐできる血管病の予防対策とは?>>

血液をサラサラにする9つの成分をチェック>>