すぐできる血管病の予防対策

血管病の3つの予防策として「禁煙」「ミネラル、ビタミンの摂取」「有酸素運動」を挙げ、わかりやすく説明してきます。
後悔しない人生を送るために、日常生活の心がけが重要。今から伝えることを実践していきましょう。

血管病を予防するための3つの対策

禁煙する

タバコを吸うことは、血管病のリスクを大きく高めます。一服するごとに、血管が収縮し、血圧は急上昇して、毎回心臓に負担がかかるからです。

そのうえ、体内に一酸化炭素が充満し、酸素が不足気味という状態に。その結果、血液の流れも悪くなり、心臓機能がどんどん低下してしまうのです。

タバコに含まれる酸化物質は血管の内部を傷つけ、細胞を壊してしまいます。

さらに、善玉(HDL)コレステロールを減らす一方、悪玉(LDL)コレステロールを増加させ、最終的に動脈硬化につながっていくのです。

そうは言っても、長年吸い続けたタバコを急にやめるのは大変難しいですよね。おすすめは、病院の禁煙外来の受診です。

医師のサポートがあれば、計画的に禁煙に取り組むことができます。薬も処方してくれるので、一人で禁煙するより、成功できる可能性は高いでしょう。

その他の禁煙方法として、ニコチンガムニコチンパッチを利用するなどがあります。こちらは手軽に始められますが、第三者のサポートがないため、ご自身の強い意志が必要です。

ミネラル、ビタミンを摂取する

動脈硬化を発症した人の特徴として、ミネラルの不足が挙げられます。ミネラルの摂取は、血管病の予防に、大きな効果があるのです。バナナ牡蠣大豆製品青魚などは、ミネラルを豊富に含む食べ物なのでおすすめ。

とくに青魚に含まれるEPAは、心筋梗塞の原因となる血管の異常収縮を抑制する働きを持っていることが、山口大学小林誠教授チームの研究によって明らかになりました。

血管病予防におすすめの栄養素として、次に挙げられるのがビタミンです。ビタミンCには、心筋梗塞の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、血管病予防に効果的。

また、ビタミンEを一緒に摂取すると予防効果はアップします。ビタミンは野菜、果物からバランス良く摂取してください。

これらの成分を、より効果的・効率的に摂取したいなら、サプリメントを活用することも賢い選択かもしれません。手軽に取れますし、食べ物から摂取するよりも高い栄養を得ることができるからです。

血管病の予防の一環としてサプリメントを取り入れる際には、質の良い青魚成分(EPA)が多く含まれているものを選びましょう。

有酸素運動を取り入れる

適度に運動することは、血圧の数値を下げる効果や、善玉コレステロールを下げ、血管病を予防する効果があります。

有酸素運動の中でも、もっとも簡単に取り組めるのが「ウォーキング」です。一日30分~40分を、週3~4回行えると理想的。

体への負担を少なくして、運動を長めに持続することが重要です。呼吸を意識し、全力の40%~60%で行いましょう。もじわじわと感じる程度が、有酸素運動として効果的な強度といえます。

運動する時間を作るのはちょっと難しいという人は、最寄り駅の一つ先の駅から歩いて自宅へ戻ってみたり、エレベ―ターに乗らず、階段を利用したりするのがおすすめ。通勤時間などのスキマ時間を使って、有酸素運動を取り入れてみてください。

血管病予防のために

ここまで、3つの血管予防対策を説明してきました。

血管病は自覚症状のないまま、症状が進行し、重症化してしまうこともある怖い病気です。

今、体に何も異変がないからといって適当な生活をしていてはいけません。発症してからでは手遅れになるので、すぐにでも生活習慣を見直し、血管病予防を始めていきましょう。