アリシン

このページでは、血液をサラサラにするなど、高い健康効果と心筋梗塞予防効果が認められる成分・アリシンについて情報をまとめています。脂質異常や高血圧などの症状が気になっている方も、ぜひチェックしてください。

アリシンとは

アリシンは、硫化アリルの一種。にんにくやたまねぎなどの野菜に含まれています。これらの野菜を切った時に立ちのぼる強い香気成分であり、「アリイン」という成分が、切られたり潰されたり、加熱されたりすることで分解されると、アリシンに変化するのです。

アリシンは殺菌効果が高いことで知られ、風邪のウィルスを死滅させてしまうほどの力を持っているそうです。かように刺激が強い栄養素でもあるため、摂り過ぎに気を付けながら、有効活用していきましょう。

アリシンの効果

にんにくやたまねぎなどは、日常的なレシピの中で下味として使用されることが多い食材です。そこに含まれているアリシンが、一体どのような働きで体に良い影響を与えてくれるのでしょうか?以下に紹介していきましょう。

疲労回復

アリシンには、糖の代謝を促す働きがあります。体内に摂り入れられた糖分は、ビタミンB1などの力でエネルギーへと変化されますから、たまねぎやにんにく(アリシン)を豚肉(ビタミンB1)と一緒に調理すれば、疲労が回復し、元気いっぱいになることができるでしょう。にんにくがスタミナの源、と呼ばれる由縁です。

またアリシンは、ビタミンB1と結びつくことで体外への排出を遅らせ、疲労回復効果を持続させます

サラサラ作用

アリシンには、血中の悪玉コレステロール値上昇を抑え、血液をサラサラにする効果があります。抗酸化力も高いため、悪玉コレステロールと結びつきやすい活性酸素の抑制にもひと役買ってくれます。

またアリシンが含まれているイオウ化合物は、血液の凝固を防ぐため、血栓の発生を阻害してくれます。血栓はスムーズな血流の障害となり、心筋梗塞や脳梗塞など大病の直接的な原因となりますから、アリシンの摂取で積極的に予防したいものです。

血糖値の上昇を抑える

アリシンには、血糖値の上昇を抑制する働きも期待できます。ビタミンB1との共同作業でインスリン(血糖値を正常に保つホルモン。生活習慣の乱れなどで減少する)の分泌を促進してくれるのです。

この働きは、糖尿病の予防へ大いに役立ちます。糖尿病は全身の血管に悪影響を及ぼすことで知られており、動脈硬化や心筋梗塞の直接的な原因ともなりますので、アリシンの力を借りて予防しましょう。

アリシン(硫化アリル)を多く含む食べ物

アリシンはにんにくやたまねぎ、長ネギなどのユリ科の野菜や、大根、わさびなどのアブラナ科の野菜に多く含まれています。毎日の食生活に取り入れやすくなっていますので、ぜひ積極的に摂取したいもの。

ただし水溶性で加熱に弱いという特徴があります。このため調理の際は、水にさらしすぎない工夫が必要。加熱する際は、切った後15分程度放置することでアリシンが壊れにくくなるそうです。

またアリシンを多く含むにんにくの過剰摂取で、胃腸が荒れることもあるので、適量を心がけてください。