EPA

EPAとは

EPAは、DHAやDPAと共に、魚の油に多く含まれている「オメガ3系脂肪酸」の一種。身体に必要不可欠な「必須脂肪酸」でもあります。

動脈硬化などの予防に役立つことがわかっている成分で、毎日1~2g程度が摂取目安量となっています。ずいぶん少なくて済むのだと思うかもしれませんが、もともと食品内の含有量は少ないうえに、煮たり焼いたりすると減少してしまうため、できるだけ刺身のような生の状態で食べるのが理想です。

年齢を重ねるごとに摂取目安量が微増する成分なのですが、これは加齢とともに老化する血管の健康維持に必要不可欠な栄養素であることを示すもの。ボロボロの血管にドロドロの血液が流れることになれば、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクは高まるばかり。

またこのサイトで繰り返し説明しているように、突然死のリスクが非常に高い「血管攣縮(血管の異常収縮)」を抑制する作用がEPAにはあるとされています。毎日青魚の刺身を食べ続けるよりEPAをサプリで摂取するほうがはるかにラクですが、血管攣縮を抑制する作用が確認されているのは、「小林式EPA」しかないのだとか。気になる人は下記サイトに一般のEPAと小林式EPAの違いについて詳しく書かれていますので、チェックしてみてください。

一般のEPAと小林式EPAの違いについて詳しく見る>>

EPAが血液サラサラ化に役立つ理由

もともとEPAは脂質異常症(高脂血症)の治療薬として使われている成分。脂質異常症とは血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪値が基準よりも高く、いわゆる「血液ドロドロ」状態の症状である人が診断される病気です。血液の粘性が高いと心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるため、EPA製剤による薬物療法が行なわれます。ただし、治療に使用されるEPAは高純度のものだけであり、サプリなどに配合されるEPAとは異なります。

血液をサラサラにする理由のひとつめは、血小板の凝集を抑制する作用。血小板は、怪我などをして皮膚の表面から血が流れたときに、傷口周辺の血液を凝固させるために役立ちます。しかしその働きが強すぎると、血管内の血液をもドロドロにしてしまうため、血栓発生の要因ともなりかねません。EPAは血小板の凝集を緩やかに抑制してくれることがわかっています。

またEPAには、動脈硬化を進行させる「悪玉コレステロールや中性脂肪の上昇を抑える働き」もあります。血中に悪玉コレステロールや脂肪が増えると、血液がドロドロになることはよく知られていますから、健康診断で「脂質異常」と診断されたかたは、日々の食事でもEPAの摂取を意識するとよいでしょう。

血液サラサラ以外にも!EPAの働き

血管をやわらかくする

EPAには、赤血球の外側の膜をやわらかくするはたらきもあります。赤血球は血中内の成分でも比較的大きめなので、硬化すると毛細血管などに入り込みにくくなってしまいます。

EPAを多く摂取していると、身体のすみずみにまで栄養や酸素が行き渡るため、血管も柔軟性を保つことができるというわけです。

抗炎症作用

EPAには、高い抗炎症作用も認められています。近年の研究で、EPAを含むオメガ3脂肪酸には、マクロファージの過活動により蓄積されたプラーク(血管内腔にできたコブ)を安定化させるはたらきがあることがわかりました。

マクロファージは別名貪食細胞とも呼ばれ、異物や老廃物を食べて処理してくれる免疫細胞。ただ、老廃物を処理しきれなくなるとアテロームという泡まつ化された細胞になり、血管の内腔を狭めてしまいます。これをアテローム性動脈硬化と呼ぶのですが、こうなってしまうと血栓ができなすくなってしまいます。マクロファージのはたらきとプラークコントロールにEPAがひと役買うことがわかり、今後は抗アトピーや抗花粉症効果の可能性についてもより研究されるといわれているのだそうです。

EPAの副作用

EPAに血小板の凝集作用を抑制する力があることは、上記で紹介しましたが、過剰摂取が逆効果になることもあります。つまり、EPAを摂り過ぎていると出血が止まりにくくなるなどの副作用が考えられます。 また鼻血や便の軟化などの副作用も、報告されているそうです。サプリを大量に摂取しない限り問題が発生することはないはずですが、血が止まりにくいなど血液系の疾患を抱えている人は医師のアドバイスを受けてから摂取するようにしてください。

EPA先進国の米国では、FDA(アメリカ食品医薬局)によりその摂取目安量を「DHAとEPAを合わせて、1日あたり3gまで」と定めています。日本人の1日の摂取目安量は1gでしたが、最新のデータでは2gくらいまで摂取すべきという指針も出ています。

EPAが多く含まれる食べ物

マイワシ、ハマチ、サバ、ぶり、クロマグロ、キンメダイ、ウナギ、サンマ、あんこうの肝、すじこ、など

上記を見てもわかるように、EPAが多く含まれるのは青魚などの魚類です。肉食中心の食生活を見直し、1日1食でも魚を主菜とする食事に切り替えるだけで、EPAを効率よく身体へ摂り込んでいくことが可能になります。ただし焼いたり煮たりして加熱するとEPAの構造に変性が生じるため、刺身など生魚の状態で摂取するのが理想。なかなか実行に移すのは難しいかもしれませんが、摂取できないときはサプリを活用するとよいでしょう。

EPAのアレルギーは?

EPAやDHAには、抗炎症・抗アレルギー作用があるとされています。EPAやDHAを豊富に含む魚油には、アレルギーや炎症反応を引き起こす原因物質の一つ、アラキドン酸カスケードと競合し、アレルギーや炎症作用を抑えてくれるというのがその理由の一つです。また、EPAには代謝物に強力な抗炎症作用があることも最近の研究で明らかになっています。

魚油と抗炎症・抗アレルギー作用についても、数多くの総説がある。先のグリーンランド先住民の疫学調査においても乾癬、甲状腺中毒症 、気管支喘息といった自己免疫性疾患やアレルギー性疾患の発症頻度が少なかったことが示されている

出典:(PDF)「エイコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸の抗アレルギー作用について」脂質栄養学,15(1),2006 [PDF]

一方で、大量にEPAを摂取すると、血を固める能力が低下して出血しやすくなることが認められています。また、EPAを含む魚油には、経口摂取で吐き気や鼻血、軟便などの副作用症状が出ることも報告されています。凝結能の低下は、1日3g以上の摂取でリスクが高まるそうですから、摂取量には注意しましょう。

もしEPAを摂取する際には、出血しやすい方や血をサラサラにする薬などを飲んでいる方は、サプリメントを服用する際には事前にお医者さんに相談してみましょう。また、EPAを含む魚油には血圧を下げる作用もあります、血圧を下げる作用のある薬を飲んでいる方も、少し注意が必要です。

出典: 「健康食品」の安全性・有効性情報『EPA (エイコサペンタエン酸)』(2018年5月1日確認)

EPAサプリのダイエット効果は?

中等度の肥満や高血圧患者に対して、EPAを含むn-3脂肪酸を摂取させ、体重の変化を調べたアメリカの研究では、EPA摂取により体重が減少したという研究結果が報告されています[1]。

EPAには、血中コレステロールや中性脂肪を低下させる作用があり、糖尿病や肥満傾向にある方にとっては嬉しい成分です。

糖尿病患者の食事療法は,血糖コントロールだけに止まらず,好発する動脈硬化性疾患の発症並びに進展を予防する工夫が必要である. 近年エイコサペンタエン酸(EPA)は,血清中の総コレステロール(TC),中性脂肪(TG)の低下作用と血小板凝集能の抑制作用があるといわれ注目を集めている.

出典:(PDF)「糖尿病者における, EPA, レシチンの脂質代謝への効果」動脈硬化,15(7),1087-1988 [PDF]

食品分野においては,「中性脂肪が気になる方に」適した食品として2003年にEPA・DHAを関与成分とする飲料やソーセージが,特定保健用食品の認可を得ている。 国内において中性脂肪が高めのボランティア53名に本品を12週間摂 取させたところ,対照と比べ血清中性脂肪濃度は約20%低値を示したと報告されている

出典:(PDF)「高度不飽和脂肪酸とオレイン酸の健康栄養機能」オレオサイエンス,7(10),2007 [PDF]

こうしたことから、EPAはダイエット効果の先にある、動脈硬化など心血管系の病気を予防することにも貢献してくれる栄養素です。

EPAを豊富に含む青魚の中でも、EPAの含有量は様々です。例えばマイワシやカタクチイワシなどの場合、脂肪酸のうち17%ほどがEPAであるのに対し、カツオは10%ほどと少なくなっています[2]。毎日確実にEPAを摂取するようにしたいなら、EPAサプリメントを積極的に活用してみるのがオススメです。

[1]

出典: 「健康食品」の安全性・有効性情報『EPA (エイコサペンタエン酸)』(2018年5月1日確認) [2]

出典: (PDF)「高度不飽和脂肪酸とオレイン酸の健康栄養機能」オレオサイエンス,7(10),2007 [PDF]

EPAで心筋梗塞予防

心筋梗塞二次予防には、高純度のEPA製剤も使われています。

高純度エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoicacid:EPA)製剤(エパデール®)がスタチン内服下の脂質異常症患者において虚血イベントを予防することや,EPAとアラキドン酸(arachidonic acid:AA)の比率(EPA/AA比)が主要冠動脈イベントと関連することが示されている.

出典:(PDF)「急性冠症候群に対するエイコサペンタエン酸の有効性」日本心血管インターベンション治療学会誌,5(2),2013 [PDF]

これは、EPAの持つコレステロール値低下作用などから血栓症疾患が予防できるためです。また、動脈硬化は血管を狭くし、血液の流れを悪くします。そうなれば、心筋梗塞が非常に起こりやすい環境になってしまうわけですが、EPAはその動脈硬化も予防してくれることが近年の研究で明らかになっています。

EPAは細胞膜の構成成分となる脂肪酸であり,投与すると程度の差,とりこみ時間の差こそあれ,体内の種々の細胞の膜に取り込まれ, EPA rich な細胞を作り上げ,種々の作用を発揮することが予想される.〜中略〜EPA摂取により引き起こされる血小板,赤血球,血管壁,白血球など種々の細胞の機能の変化は,抗血栓, 抗動脈硬化につながるようである

出典:(PDF)「Eicosapentaenoic acid(EPA)の抗動脈硬化作用に関する研究」動脈硬化,13(5),1985-1986 [PDF]

ダイエットや抗アレルギー作用だけでなく、命に関わる病気の予防にも活躍してくれるEPA。 今日から意識して摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?