ポリフェノール

このページでは、血液をサラサラにするなど、高い健康効果と心筋梗塞予防効果が認められる成分・ポリフェノールについて情報をまとめています。脂質異常や高血圧などの症状が気になっている方も、ぜひチェックしてください。

ポリフェノールとは

ポリフェノールは、植物の苦味や渋味、そして色素の成分となっている化合物の総称です。ポリフェノールには5000以上の種類があります。そのすべてが強力な抗酸化作用を持っているというのだから、すごいですね。

ポリフェノールは光合成に伴って生成される植物特有の生体成分のため、動物である人体では生成できません。ぜひ積極的に摂取していきたいものです。また水溶性のため、人体への吸収率も高く、摂取後短時間で効果を発揮します。しかしその効果は長時間持続しないため、毎日の定期的な摂取が推奨されています

血液をサラサラに導くポリフェノールの種類

ポリフェノールには数多くの種類があり、人体に有用な働きをするものも数多く存在しています。このページでは以下に、血液サラサラ効果や動脈硬化予防などに優れたポリフェノールの情報を紹介していきましょう。

セサミン

セサミンは植物の中でも、ゴマにしか含まれていないポリフェノールです。種子にしか含まれず、ゴマの全成分の中で占める割合は、1%程度。そのためサプリメントなどで効率よく摂取するのが、おすすめです。

セサミンはポリフェノールの一種なので、優れた抗酸化作用を持っているのですが、中でも血管内の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増殖させる働きには、要注目。セサミンを積極的に摂取することで、血液がサラサラになるのです。

また胃腸で吸収されず、肝臓へ直接届くという特徴があるため、二日酔いや悪酔いを防ぐという、うれしい働きも。さらに高血圧予防のためにも活躍してくれるそうです。

イソフラボン

イソフラボンは植物の中でも、大豆の胚芽部分に多く含まれているポリフェノールです。エストロゲンという女性ホルモンと構造が似ており、人体へ摂り入れたときの働きも似ているため、更年期に伴う女性ホルモン減少と、その変化がもたらす体調への悪影響に悩まされる女性から、支持を集めています。食生活の中では納豆や豆腐、油揚げなどから摂取することが可能です。

イソフラボンはポリフェノールの一種なので、優れた抗酸化作用を持っているのですが、中でも血管内の血小板の凝集を抑制する効果は有用。イソフラボンを積極的に摂取することで、血液がサラサラになるのです。

また先述のように、女性の更年期に伴うほてりなどの症状緩和にも、優れた効果を発揮します。

カカオ

カカオと聞くと、チョコレートの原料となる植物を連想することと思いますが、カカオに含まれるポリフェノールを指す名称でもあります。チョコレートやココアを摂取することで、身体へと摂り込むことができる成分です。

カカオはポリフェノールの一種なので、優れた抗酸化作用を持っているのですが、中でも血管内で悪玉コレステロールが酸化し、血栓になるのを防いでくれます。カカオを積極的に摂取することで、血液がサラサラになるのです。

またリラックス効果が高いため、ストレスの緩和にも役立ってくれます。さらにカカオの実そのものには、食物繊維が多く含まれるため、腸内環境の整備にも貢献してくれるでしょう。